効果がない理由

効果がない理由 脱毛をしているのに効果ないと感じるのであれば、いくつかの理由が考えられます。
いくら高性能なマシンを使用していても、1回の施術でツルツルになることはありません。
まだ初めての施術とか、回数が少ない時期であれば、もう少し様子をみることです。
人間の体毛にはヘアサイクルがあり、その周期に合わせて何度も光やレーザーを照射していくことで、ゆっくりと毛は減っていきます。
短期間で効果を出そうとしても無理なのは、1回照射をしたら成長期の毛にはしっかりとダメージが加わっているからです。
無理をして短い期間に何回もお手入れを受けても、逆に肌へのダメージが強くなります。
なかなか結果が出ないと考えるときには、毛周期に合わせて複数回の施術を定期的に受けているかを考えてみます。
脱毛効果を高めるためにも、日焼けをしないことは前提であり、黒く焼いてしまうと設定を低くするので結果が出にくいです。
肌の乾燥も効果を出しにくくするので、保湿は十分に行います。

vioゾーンの脱毛をはじめたら効果はどれくらい出るのか

vioゾーンの脱毛をはじめたら効果はどれくらい出るのか 近年人気パーツのvio脱毛ですが、施術を受けての痛みや効果には少しだけ差があります。
最もわかるのはVラインであり、痛みも最も軽くて濃い毛の密集するパーツは、毛の減り方もわかりやすいです。
Oラインは痛みが強いものの、範囲的に狭いことから照射をするにしても数ショットであり、最初からそんなに毛量が多くはないので、さほど残ることもありません。
最も痛みを感じやすくて何回やっても毛が残りやすいのは、粘膜にも近いため痛みも激しいIラインです。
なぜ毛が減りにくいかですが、色素沈着がひどく皮膚も薄いので痛みが激しくて、高い出力では照射できないためであり、結果が出るまでにはVラインやOラインよりも少し時間がかかります。
無理に高いパワー設定にしても、皮膚が黒いので高い結果が出ることは考えにくく、逆にダメージを加えるので要注意です。
そのためIラインをはじめデリケートゾーンの脱毛をするときには、保湿や美白ケアも同時にすることで効果を高めることになります。